キャラクター紹介集 Raulくんと、いっしょだよ♪

 
ラウル・フォルヴ(Raul・forvo)

      どうも、こんにちは!
      “ラウルの部屋”へ、ようこそ♪
      ボクがラウルだよ!
      一応、このリアルワールド1st“ひと夏の思いで…”の主人公ということになってるんだ。
      なんで一応?って思われるかもしれないけど、それは作品を読んでいただけばわかってもらえると思うよ。
      あなたはもう読んでくれたかな?
      まだ読んでくれていない人は、一度読んでみてね♪
      でも、ボクらの産みの親の一人、TLもよくあんな作品、恥ずかしげもなく書いてくれるよねぇ………

TL   :うるさいわい!私自身だって驚いているんだ!!
Raul :れ?TL?どうしたの、こんなところに?
TL   :お前のキャラクター紹介の手助けに来てやったんじゃないか。
Raul :そうなの?
TL   :そうだ。私の考えた設定なんて無視しまくって
      好き勝手に暴れてくれたお前達だが、
      それでも私は一応産みの親の一人だからな。
Raul :……ほかの親は?
TL   :フウスケさんに決まっている。
Raul :……どっちがお父さん?
TL   :……内緒だ。
Raul :………
TL   :………
Raul :………シクシクシク
TL   :と、とりあえず主人公ラウルの紹介、いってみよう(^_^;)

 
名前   ラウル・フォルヴ (Raul・forvo)
 愛称   ラウル
 獣人種  犬系獣人 狼人ハーフ(狼人+???)
 年齢   11才  (ただし、人間とは多少成長が異なるので注意)
 体躯   中背、中肉。引き締まっている以外は特に目立つところはなし。
 好物   川魚の串焼き
 特徴   前髪の一房だけが明るい色をしていて、光りにあたると七色に輝く。
 特技   剣をはじめとする、刃物の扱い。
 父親   ラウ・フォルヴ
 母親   ユリ・フォルヴ


TL   :と、まずはこういうところでしょう。
      ここでちょっと気になるところは、彼がハーフということですかね。
Raul :へ?ボク、ハーフなの?
TL   :実はそうなのだ。まぁお前はまだ子供だから、
      作中の父親“ラウ”もあまり詳しい事を教えていないようだがな。
Raul :そーいや母さん、耳なかったっけ………
TL   :無いわけじゃないんだが………
      ともあれ、こいつの父親の“ラウ”も少々変わった人生を送っているので、
      また今度機会があったらお話しましょう。
Raul :とかなんとか言って、ちゃんと考えているとは思えないけど?
TL   :ふ、甘いぞ、ラウル。構想10年!
Raul :ただ単に、元ネタとなるテーマを決めたのが10年前。
TL   :キャリアも10年!
Raul :10年間、常に小説書いていたわけでもないくせに。
      ついでに言うと、10年かけて、やっとこのレベル。
TL   :じ、人生の半分近くを小説とともに歩んできた私に、スキなどなぁい!!
Raul :………
TL   :………
Raul :………あ、ラ○さんと、○雪さん。
TL   :なに?!ど、どこだ?!
Raul :スキあり!
    
ぱこぉぉぉぉぉぉぉん………
TL   :あぅ……
Raul :あ、まともに入っちゃった………お〜い、TL?
TL   :………
Raul :……駄目のようですね。今日はここら辺でおしまいという事で(^^ゞ
Raul :それでは、作品の方でまた会おうね♪
      もう『ひと夏…』は読んだよ?って方はしばらく待ってて♪
      TLもいま大慌てで続編を書いてるから(^.^)
      次回は一気に成長して、ボクは18才からのスタート!
      これが本来の方らしいんだ(^^ゞ
      じゃあね〜(^○^)/


ユNDEX   NEXTモ